かわいげのない女

かわいげのない女

喜怒哀楽の表現が豊かな人は、人なつっこくて表情の分かりづらい人に比べて親しみやすく感じるものです。

人は歳を重ねるにつれ、これらの表情を表に出すことに戸惑いを覚えていきます。

感情をあまりにも露骨に出しすぎるのは確かに大人げない行為でもありますが、あまりにも出さなすぎるのもやはり味気ないと思いませんか?

せめて、喜怒哀楽の喜や楽は、素直に表現したいものです。

若い頃の恋愛は泣いたり笑ったり、浮いたり沈んだりの状況にあっても、恋をするということ自体を楽しむことが出来るものです。

それが、片思いでも両思いでも。

ところが年齢を重ねていくごとに、恋を楽しむという余裕がなくなってきているんですよね。その原因はきっと、自分のプライド・恋愛経験・環境など、様々なしがらみ。 

そういったしがらみが少しずつ増えていくごとに、自分の感情や気持ちを素直に表現出来なくなっていくような気がします。

純粋に楽しんで、笑えるということ。淋しいという気持ちを誰かに伝え、分かってもらうということ。

特にこういった表現が、素直に出来なくなってくる。変な意地だけが強くなるばかりで、どんどんかわいげのないオンナになってしまう。

そんな心当たりのある人はいませんか?

トップページ
あなたの恋愛運を上げる方法


PAGE TOP ↑