恋愛下手な人はこの傾向が強い

恋愛下手な人はこの傾向が強い

好きな人の前に立つと自然体になれず素の自分自身を出せないという人はかなり多いですね。

特に高校や大学などの学生、20歳代ぐらいの若い人はまだ未熟で、人とのコミュニケーション経験が浅く、自意識過剰気味で本来の自分を押し込め、取り繕った偽者の姿を見せている人が多く見受けられます。

特に恋愛下手な人はこの傾向が強いのです。

人見知りやシャイな性格は可愛らしくて良いものですが、それが原因で好きな人と会話やおしゃべりできなかったり、スキンシップやコミュニケーションが取れないのであれば少し改善していく必要があります。

若い頃は自意識過剰で相手の気持ちを考えすぎてしまい、ガチガチに肩を張っていたような人でも、アラサー、30歳代ぐらになると人生でいろいろな経験をして、 人と接するのに慣れてきたり、恥じらいが無くなってくるので、体全体の力みは自然と取れてきます。

つまり、この体の固さは人と接するという人生経験が積み重なれば自然と解消される問題なのです。

一度恋人ができたことがある男女は、異性と接することに抵抗がなくなり、次々新しい恋人ができる恋愛体質になります。

それは緊張せずに素直な態度で異性と接することができているからです。

理性でごちゃごちゃ考えず本能に身を任せる自然体の状態が最も理想的なのです。

嘘で塗り固めたり繕っているものは必ずボロが出てきます。

人は自分が思ったよりも赤の他人のことに興味や関心なく気にしていません。

人生は空気なんか読まずに自分のやりたいことをどんどんやる方が得をすることが多いのです。

萎縮して本当の自分の力を出せないのは非常にもったいないことですね。

トップページ
あなたの恋愛運を上げる方法


PAGE TOP ↑