結婚相手と知り合ったきっかけで多いのは?

結婚相手と知り合ったきっかけで多いのは?

結婚相手と知り合ったきっかけで多いのは、学生時代のゼミやサークルの付き合いから結婚したのが一番多いようです。

次に多いのが、社内恋愛、職場恋愛で会社の同僚と結婚するパターンです。

先輩であれば教育係として新人の部下に指導するポジションに就きますし、上司であれば全ての部下に指示したり叱咤激励する立場です。

このような上下関係があると男女仲は進展しやすくなります。

学校やスポーツクラブの先生と生徒も非常に親密な関係に進展しやすい。

このような会社内の付き合いでは「脈ありなのかな」「異性として意識してるのかな」と錯覚なのかわからないが、そう思ってしまうことも多々ありますね。

普通に挨拶したり目を合わせただけでドキドキしたり、肩をポンと叩かれて「おはよう」と挨拶されただけでも緊張してしまったり。

社内恋愛で関係が進展するパターンはやはり、年上の先輩上司と年下の後輩部下が一緒に食事をする時です。

会社組織であれば、定期的な宴会に加え、新入社員歓迎会や忘年会など季節ごとに 飲み会の行事があります。

そこでの振舞いで好意がわかりますので、もしその中であなたのお気に入りの男性がいるのであれば、絶好の機会とも言えますよ!ガツガツしすぎると引かれてしまう場合もあるので、ほどほどに。

会話に困ったら相手の誕生石の話でもしてみたらよいかも。ひょっとしてあなたにぴったりの星の元に生まれた男性かもしれません

トップページ
あなたの恋愛運を上げる方法


PAGE TOP ↑